烏帽子岳・野口五郎岳

烏帽子岳・野口五郎岳 −大学に入って初めての夏合宿。槍の穂先は遠かった−


野口五郎岳から槍、乗鞍を望む 野口五郎岳から槍、乗鞍を望む


日 程1987年7月26日(日)〜30日(木)
山 域北アルプス
メンバー男11人
コースタイム7/26 七倉=0:50=高瀬ダム下=0:35=不動沢C.S.【1:25】
7/27 不動沢C.S.=2:25=2208.5三角点=1:10=烏帽子小屋C.S.(烏帽子岳往復95分)【5:10】
7/28 停滞
7/29 烏帽子小屋C.S.=0:50=三ツ岳=1:10=野口五郎小屋C.S.(野口五郎岳往復25分)【2:25】
7/30 野口五郎小屋=0:30=竹村新道分岐=1:00=南真砂岳=2:30=湯俣温泉=1:05=名無沢=1:15=高瀬ダム=1:15=七倉【7:35】

 7/26 晴れ
 夜行の急行『くろよん』で信濃大町着。タクシーは七倉山荘の前まで入る。だいぶトレーニングを積んではきたが、やはりザックがずしりと重い。今日はブナ立尾根の登り口、不動沢のキャンプ指定地まで。大した距離はないが、高瀬ダムの登りは中々きつい。テントを設営後、昼寝をして明日の急登に備えた。


高瀬ダムにて 高瀬ダムにて


 7/27 曇り後雨
 3時起床、4時発。いよいよアルプスでも屈指の急登が始まる。30分1本のペースを忠実に守り、じっくり登る。気合を入れて登ったせいか、結果的には呆気ないほど簡単に烏帽子小屋に到着。テントを張って、ワインとパンの昼食で昼前からいい調子だ。


烏帽子をバックに 烏帽子をバックに


 昼食後はのんびりと烏帽子のピークまで散歩した。夕方から雨となる。

 7/28 雨
 一日中雨。前日何も考えていなかったため、テントの張り場所が最悪で、この日は土木作業に追われた。

 7/29 晴れ
 晴れたが風が強い。テント場から目の前の三ツ岳へ一気に高度を上げる。後は野口五郎岳までゆるやかな稜線漫歩となる。槍がはるか遠くに見える。


三ツ岳付近を行く 三ツ岳付近を行く


三ツ岳からの立山 三ツ岳からの立山


 キャンプ指定地の関係から今日の予定は野口五郎小屋で終了。9時にはテントを張り、びしょ濡れになった荷物を乾かす。指定地から野口五郎のピークは10分程。アルプス中央部の大観は素晴らしいの一語。特に薬師水晶の存在感は圧巻だった。この時点では明日以降の期待感は高まる一方だった。


野口五郎岳から薬師、赤牛を望む 野口五郎岳から薬師、赤牛を望む


 夕食後、朝から強かった風がさらに強まり、テントが限界近くなる。急遽、小屋へ逃げ込み、明日以降の予定を協議する。台風が迫っているらしい。無念の下山決定となってしまった。

 7/30 晴れ
 皮肉なことに良く晴れている。が、やはり風が強い。真砂岳から主稜を離れ、竹村新道を下る。けっこう痩せている箇所もあり、感傷に浸ること無く集中して下っていく。南真砂のピークでついにとおさらば。リベンジを誓いながら、急な尾根を下り続ける。
 湯俣温泉に降り立ったときには膝はガクガク、かなりきついルートだった。後は七倉まで地獄のダムサイト歩きが続く。直射日光を浴びての車道歩きは、撤退の無念もあって目茶苦茶疲れた。

 この後、松本に出、2日間休養した後、知床利尻等を登るために北海道に向かった。


      

       inserted by FC2 system