鳳凰三山縦走

鳳凰三山縦走


観音岳からの北岳 観音岳からの北岳


【日 程】1995年5月3日(水)〜6日(土)
【人 数】男4人・女1人
【コース】3日 夜叉神峠入口=1:00=夜叉神峠C.S.【1:00】
     4日 C.S.=1:35=杖立峠=0:55=苺平=0:30=南御室小屋=1:10=薬師岳小屋【4:10】
     5日 小屋=0:10=薬師岳=0:30=観音岳=0:55=アカヌケ沢ノ頭=0:10=賽の河原=0:30=鳳凰小屋C.S.【2:15】
     6日 C.S.=1:05=燕頭山=0:50=西ノ平=0:30=御座石鉱泉【2:25】

【記録文】
 5月3日 曇り時々晴れ
 タクシーで一気に峠入口に降り立つ。峠までは一大幹線ルートで、行き交う人はほとんどが観光客で、テント泊で重荷に喘ぐ我々とは対照的だ。それでも何とかお昼前には峠のサイト地に到着、雄大な白根三山が目前に迫る。
 この後は昼食にフレンチトースト&ワイン、夕食にはキムチ鍋と我々にしては豪華な食事をとり、満足のうちに眠りについた。


夜叉神峠にて 夜叉神峠にて


 5月4日 曇り後雪
 4時起床、5時発。曇ってはいるが、いわゆる高曇りで、今日も展望は全開である。樹林帯の中、快調に高度を上げていく。山火事跡地を過ぎた辺りから残雪が現れるが、よく踏み固められており、ルートをはずさない限り、もぐることは無い。苺平から一旦だらだらと下ると南御室小屋に着く。時計はまだ9時を少しまわったばかり。あまりの順調さにちょっと拍子抜けする。


薬師岳小屋付近を行く 薬師岳小屋付近を行く


 小屋からは今までとは打って変わり、急登となる。砂払岳にはゼーゼー言いながら到着、改めて北岳の雄大さに圧倒される。今日の目的地薬師岳小屋には11時に到着するが、テントが張れないことが判明、事前の調査不足が露呈する。一気に鳳凰小屋までという意見もあったが、天気がどうも下り坂のようなので、泣く泣く小屋への宿泊を決定する。小屋はいつものように中高年軍団が占拠していた(30人くらい)が、寝具のいらない我々はぐっすりと眠れた。
 問題の天候は夕方頃から吹雪となった。明日は大丈夫であろうか。


薬師岳山頂にて 薬師岳山頂にて


 5月5日 霧後快晴
 4時に起きるが、外は深いガスのため、9時までうとうととする。10時前位からガスが切れ始めたので、慌ててパッキングを開始し、10時15分に出発。あっと言う間に純白の白根三山が現れ、みな歓声をあげる。快適な稜線歩きを楽しみ、主峰観音岳には11時に到着。


観音岳直下の稜線にて 観音岳直下の稜線にて


青く澄み渡った空に純白の山々が映える。目の前の南ア主稜はもとより、北アから八ツ、富士と最高の展望が広がる。


観音岳から甲斐駒を望む 観音岳から甲斐駒を望む


 観音岳からは一旦大きく下り、鳳凰小屋への近道を分けてから、アカヌケ沢の頭へと登り返す。これがなかなか急で結構疲れる。やっと飛び出したピークからの甲斐駒は絶品、地蔵のオベリスクも目前に迫ってきた。賽の河原へは尻セードを楽しみながら下る。河原着12時50分。オベリスクは事前の情報通り、最後の岩塔が登れず敗退するも、ここまで来れただけでも満足であった。


オベリスク直下にて オベリスク直下にて


 鳳凰小屋へは一気の下りが待っている。当然のように尻セードだ。見る見るうちにオベリスクは遥か頭上へと遠ざかる。鳳凰小屋横のサイト場には14時50分着。大満足の1日であった。

 5月6日 晴れ
 5時半起床、7時発。今日は降りるだけ。のんびりと出発する。朝方はルートがガチガチに凍っているので、今山行初めてアイゼンを付けて下る。急斜面のトラヴァースが何カ所かあり、注意が必要。燕頭山には8時着。ピーク手前で雪は消え、ここでアイゼンをはずす。ここから一気の下りとなり、周りの季節も一気に春へと向かう。御座石鉱泉付近の新緑はとても素晴らしい。鉱泉着10時半。ゆっくりと鉱泉&ビールを楽しむ。
 山、仲間、天気に恵まれ、最高の気分で百名山89登目を飾ることができました。


   

       inserted by FC2 system