日本二百名山登頂リスト(深田クラブ編)

登頂No.

山 名
標高
登頂日
コメント
1 金剛山(湧出岳) 1,112.2 84.03.27 高校受験を終えた解放感の中、葛城山まで縦走 金剛山上は残雪多し
84.11.04 妙見谷から登頂後、岩湧山へダイヤモンドトレールを縦走
2 武奈ヶ岳 1,214.4 84.07.23 クラブの夏予備山行で細川越から 山頂はガス
84.10.07 初秋の西南稜は最高 ボボフダ峠まで北稜を縦走
84.12.23 初めての雪山
85.07.22 夏予備山行 八淵ノ滝からの登りはキツかった
85.12.23 ロープウェイ利用で冬山を気楽に楽しむ
86.02.02 冬には珍しく青空が広がる
87.03.06 大学受験から解放、坊村から
88.01.02 雪が全く無く、唖然
88.02.06 ピークからアルプスも見えた超遠望の日
88.04.24 サークルの新歓ハイク
88.05.29 北山の八丁平まで無謀なコース設定
89.06.25 蛇谷ヶ峰まで縦走 北稜のブッシュもましになりました
93.10.02 釈迦、堂満と欲張りプラン 高校の連れと
12.07.29 15年振りのホームグラウンドも猛暑でダウン…
3 南駒ヶ岳 2,841.0 84.08.02 高校のクラブの夏合宿 空木の陰に隠れがちですが、岩峰鋭くよい山です
4 烏帽子岳 2,628.0 87.07.27 大学サークルの夏合宿 ブナ立尾根を何とか突破
5 高千穂峰 1,574.0 89.03.29 韓国岳から縦走 ピークでは天の逆鉾を引っこ抜いてしまいました スイマセン…
6 飯縄山 1,917.4 89.09.11 戸隠中社から おおらかな山でした
7 御在所山 1,209.8 89.09.24 ヒルの恐怖に負けず、雨乞山から
8 杁差岳 1,636.4 89.10.11 飯豊連峰縦走の最終章 歩んできた飯豊の山並みの大きさよ
9 以東岳 1,771.0 90.10.07 朝日連峰縦走の序章 ピーク周辺は紅葉で赤く燃えていた
10 由布岳(西峰) 1,583.3 91.03.04 小雪舞うピーク 西峰への凍結した鎖場に恐怖
11 英彦山(南岳) 1,199.6 91.03.05 コース中、いたる所にお堂が 歴史の深さを感じさせる山
12 武甲山 1,295.0 91.03.24 山は削られ無残 横瀬までの車道はトラック多く怖かった
13 釈迦ヶ岳 1,799.6 91.05.05 姿は美しいが、あまりの急登に泣きながら登る 前鬼への下りもこたえました
14 農鳥岳 3,025.9 91.08.23 霧の中、無意味なピストン 再登の思い強し
15 市房山 1,720.8 92.03.21 くま川鉄道でのんびり登山 ピークで霧が晴れた 人吉の街も思い出深い
16 三ツ峠山 1,785.2 93.02.20 真正面の富士の姿に涙
17 大日ヶ岳 1,709.8 93.05.29 桧峠から往復 楽勝の見込みが、暑さとブッシュで苦戦
18 樽前山 1,023.8 93.07.07 勢い良く吹き上がる噴煙にびっくり 山上の火山と山麓の緑の対比も良かった
19 乾徳山 2,016.0 94.01.16 サークルのOB5人で賑やかに登頂
20 御正体山 1,681.6 94.02.11 出発遅れ、日没との競争 翌日はドカ雪で行動不能
21 奥大日岳 2,605.9 94.07.30 室堂からのお手軽縦走 弥名ノ滝への急降下はエグかった
15.09.05 室堂からのお手軽ピストン。最高点も踏んで満足
22 白神山 1,231.9 94.09.24 憧れの白神山地 十二湖まで縦走し、ブナ林を堪能
23 黒姫山 2,053.4 94.10.16 林道を無理やり入って時間短縮 見た目と違い、複雑な地形を持つ山
24 毛無山 1,945.5 95.01.15 大沢崩れが真正面 下部温泉への下りは長かった
25 大崩山 1,643.0 95.03.19 袖ダキからの展望は一級品 新緑か紅葉の時期にまた行きたい
26 尾鈴山 1,405.0 95.03.20 美滝多数 ピークよりも谷筋の美しさが印象に残る
27 榛名山 1,449.0 95.05.27 2日で山群の主要ピークをほぼ総なめ 中でも相馬山が一番印象深い
28 八海山 1,778.0 95.10.08 三山駆けの最初はスリルあふれる岩峰巡り 紅葉に彩られた岩峰に感激
29 中ノ岳 2,085.2 95.10.09 前衛の御月山の登りであえなく討ち死に… 三山縦走はハードすぎる
30 位山 1,529.2 95.11.04 登山口はダートのはるか奥 歩きよりも運転の方がよっぽど疲れた
31 小秀山 1,981.7 95.11.05 二の谷コースはなかなかハード ピークからの御岳の雄大さに絶句
32 茅ヶ岳 1,703.5 96.01.14 サークルのOB6人が集結 山も快晴、言うことなし
33 大岳山 1,266.9 96.01.27 御前山を経て御岳まで、けっこうハードな日帰りハイクだった
34 白石山 2,036.0 96.05.04 雄大な山 山頂直下の草原でテントを張ってみたい
35 愛鷹山 1,189.0 96.06.02 天気悪く、鋸岳の通過にビビるが、何とか越前岳〜愛鷹山を縦走
36 大天井岳 2,922.1 96.07.28 展望も良く、高さも山容もそこそこ 何でこんなに地味なんですかね
37 燕岳 2,762.9 96.07.28 表銀座を逆走したのが悪かった 渋滞にキレギレ
00.08.06 餓鬼岳まで久しぶりのテント縦走 合戦尾根の急登&渋滞に苦戦
15.05.30 初の残雪期登頂! 北アの大観に感動!
38 針ノ木岳 2,820.6 96.08.17 針ノ木雪渓を駆け上がるが、新越山荘まで行ったのは調子に乗りすぎた
39 赤牛岳 2,864.2 96.09.16 北ア最奥の巨峰にようやく立つ 水晶岳も登れて大満足の1日
40 姫神岳 1,123.8 96.10.10 山麓から岩手ののんびりムードに溢れる山 啄木記念館にも立ち寄る
41 秋田駒ヶ岳(女目岳) 1,637.4 96.10.11 タクを飛ばして八合目から乳頭山まで縦走 千沼ヶ原は超美麗
42 栗駒山 1,627.7 96.10.12 レンタカーを駆使し、平泉とセット山行 名残ヶ原の紅葉は素晴らしかった
43 御座山 2,112.1 97.06.06 関西からは馴染みの薄い佐久地方の山 山も含め見るもの全てが珍しかった
44 荒船山 1,422.5 97.06.08 独特の山容でずっと憧れていた山 神津牧場も良かった
45 上河内岳 2,803.0 97.08.02 この日の行程、茶臼〜百間洞 身のほど知らずの無謀縦走に悶絶
46 帝釈山 2,059.6 97.09.08 雨中の強行登山 もう一度登りたい
47 氷ノ山 1,510.0 97.10.10 ピーク周辺のブナ林は関西とは思えない素晴らしさ
48 伯母子岳 1,344.0 98.04.26 ダートの林道を延々と 車が壊れるかと思った
49 岩菅山 2,295.0 98.06.13 ずっとガスの中 上条用水路沿いの渋い登山道が印象に残った
50 ニペソツ山 2,012.7 98.07.07 一番好きな山! 最後まで美しい山容を拝めず、再登必至
51 守門岳(袴岳) 1,537.2 99.10.09 のんびり紅葉ハイク 標高以上の雄大さを感じる山
52 二王子岳 1,420.3 99.10.11 目の前にかつて歩んだ飯豊の主稜が全開で涙ウルウル
53 餓鬼岳 2,647.2 00.08.07 北アの秘峰 さらに奥の唐沢岳とセットで登る
54 暑寒別岳 1,491.4 01.08.01 雨竜沼からのロング往復コース
55 天塩岳 1,557.6 01.08.02 高原状の尾根が続く爽やかな山だった
56 蒜山(上蒜山) 1,199.7 01.11.02 三角点ピークまではブッシュ おかげで全身夜露でずぶ濡れ
57 三瓶山(男三瓶山) 1,126.2 01.11.03 悪天と膝の故障とで不本意なピストン登頂
58 能郷白山 1,617.3 登頂失敗 冷たい雨に一合目であえなく撤退(92.10.25)
02.05.03 登頂には成功したが、ピークはガス 今ひとつすっきりしないリベンジ
59 浅間隠山 1,756.7 02.06.09 気軽に大展望が楽しめる山
60 女峰山 2,483.0 02.06.23 大真名子と小真名子のアップダウンに悲鳴
61 仙ノ倉山 2,026.2 02.07.27 超ロングコースの序盤かつガスのため、ほとんど素通り
62 天狗岳 2,645.8 02.08.09 ガスと強風で心は早や本沢温泉へ
14.06.14 西側から攻略も、またもやガス…
63 荒沢岳 1,968.7 02.10.12 快晴の空に紅葉と岩峰が映える@
64 会津朝日岳 1,624.2 02.10.13 快晴の空に紅葉と岩峰が映えるA
65 櫛形山 2,050.0 03.07.05 梅雨の中休みをゲットも、アヤメはまだ咲かず
66 雪倉岳 2,610.9 03.08.03 豊富な残雪、お花畑と白馬の大展望に酔う
67 雲仙岳(普賢岳) 1,359.3 03.08.09 夏の九州、文字通り炎天下の登頂
68 金剛堂山 1,650.0 03.10.18 白木峰登頂後に転戦 秋晴れで展望最高
69 霞沢岳 2,645.6 04.08.14 ガスガスガス… いいトレになりました(笑)
70 神室山 1,365.2 04.09.18 超キモチイイ!! 久しぶりに溜飲を下げた山
71 芦別岳 1,726.9 05.09.15 快晴の北尾根を縦走 生涯ベスト10に入る会心の山行
72 東赤石山 1,706.6 06.11.03 快晴の下、西赤石まで充実縦走
73 笹ヶ峰 1,859.5 06.11.04 また快晴、はるか堂ヶ森への第一歩
74 船形山 1,500.2 07.10.07 ブナ林に感動
75 焼石岳 1,547.9 07.10.10 沼と紅葉に魅せられて
76 三嶺 1,893.4 09.10.10 3度目の正直、19年越しの宿願を達成
77 森吉山 1,454.2 10.10.11 出発時はガスだったが、急速に天候回復
78 夕張岳 1,667.7 11.08.20 花のオフシーズンで土曜なのに静かな山行。羆の糞に恐怖
79 白砂山 2,139.7 12.09.02 ガスで展望が利かぬ中、上信越国境の寂峰を電撃ピストン
80 鳥甲山 2,037.6 12.10.07 ハードな登下降! 骨のある山
81 戸隠山 1,904.0 12.10.08 蟻の戸渡りを余裕で突破! 快晴の元、爽快な縦走を満喫
82 経ヶ岳 2,296.3 12.10.20 快晴の下、カラマツの黄葉の森を疾走!
83 毛勝山 2,414.4 14.10.11 ロングコースかつ超急登にフラフラ。しかし、展望は最高!
84 石狩岳 1,966.0 15.07.24 根曲り廊下の縦走を諦めたが、音更山への周遊で溜飲を下げた!
85 和賀岳 1,440.0 15.09.22 何度か失敗したが、ついにリベンジ達成! 高下から渡渉を挟む難コースを攻略!
86 鋸岳 2,685.0 15.10.10 さすがに一般ルートとは歯ごたえが違った… ルートファインディングと岩稜に苦労しながらも何とか難峰を攻略

諸国名山探訪

Copyright(C) Hiroshi Fujita All right reserved

inserted by FC2 system