近畿の名山100登頂リスト(宮崎日出一・阪上義次氏編)

登頂No.

山 名
標高
登頂日
コメント
1 六甲最高峰 931.3 83.03.31 当時はまだ山頂に米軍の巨大レーダーがあった
84.08.26 真夏の登頂 宝塚まで死の行軍
98.03.28 全縦中の一コマ 夜景を堪能
04.11.23 子ども2人と有馬温泉へ
2 ポンポン山 678.9 83.05.04 バスを3本乗り継ぎ、灼熱の林道歩き
89.04.04 原チャリで本山寺まで入っての楽勝ハイク
89.10.29 摂津峡から場違いなテント泊山行
92.03.08 怪我の回復具合を確かめたリハビリ登山
99.02.20 箕面から遠路はるばる登頂
02.04.28 娘とハイキング
3 金剛山(湧出岳) 1,112.2 84.03.27 高校受験を終えた解放感の中、葛城山まで縦走 金剛山上は残雪多し
84.11.04 妙見谷から登頂後、岩湧山へダイヤモンドトレールを縦走
4 大和葛城山 959.2 84.03.27 金剛山から縦走 水越峠からの登りはキツかった
88.03.07 山上でのテント泊は大寒波襲来で全てが凍った
5 武奈ヶ岳 1,214.4 84.07.23 クラブの夏予備山行で細川越から 山頂はガス
84.10.07 初秋の西南稜は最高 ボボフダ峠まで北稜を縦走
84.12.23 初めての雪山
85.07.22 夏予備山行 八淵ノ滝からの登りはキツかった
85.12.23 ロープウェイ利用で冬山を気楽に楽しむ
86.02.02 冬には珍しく青空が広がる
87.03.06 大学受験から解放、坊村から
88.01.02 雪が全く無く、唖然
88.02.06 ピークからアルプスも見えた超遠望の日
88.04.24 サークルの新歓ハイク
88.05.29 北山の八丁平まで無謀なコース設定
89.06.25 蛇谷ヶ峰まで縦走 北稜のブッシュもましになりました
93.10.02 釈迦、堂満と欲張りプラン 高校の連れと
12.07.29 15年振りのホームグラウンドも猛暑でダウン…
6 伊吹山 1,377.4 84.08.19 車利用の安直登山
03.08.23 またもや安直登頂 子ども同伴でやむなし
15.08.02 またまた安直登頂 いつになったらまともに登るのか…
7 岩湧山 897.7 84.11.04 金剛山からダイヤモンドトレールを縦走、さらに一徳防山へ
92.12.05 南葛城山とセットで
00.01.02 槇尾山から ピークからは大峰の展望をゲット
14.11.22 ダイトレ全縦のファイナルピーク。歩んできた山並みに大感動
8 尼ガ岳 957.7 85.03.10 初めての室生火山群 好展望で山群の概要を把握
9 大洞山 1,013.0 85.03.10 尼ヶ岳から 雌岳ではのんびり昼寝
10 霊仙山 1,084.0 85.06.02 ヒルの恐怖に怯えながらも、西南尾根を縦走
11 高見山 1,248.3 85.11.04 明神平から台高山脈を縦走 高見小峠からは一気の急登
12 倶留尊山 1,037.6 86.03.13 初春の爽やかな1日に古光山まで充実の縦走
87.05.04 大学サークルのデビュー山行 室生寺まで歩く
13 古光山 952.7 86.03.13 稜線の縦走は、噂どおりのアップダウン
14 住塚山 1,009.4 87.01.01 元旦山行 初詣は室生寺で
15 学能堂山 1,021.6 87.03.25 三峰山まで迷いまくって縦走
16 三峰山 1,235.4 87.03.25 高校クラブのお別れ山行 長躯高見山を目指すが、余りの寒さに撤退
17 額井岳 816.0 88.02.11 ピークからは榛原のまちが箱庭のように見下ろせた
93.09.11 車を使って連続ピークハントの1山
18 二上山 517.2 88.03.08 大和葛城山から極寒の中縦走
04.03.13 河内飛鳥から当麻へ 歴史の山越え
19 皆子山 971.5 88.05.15 雨の中、皆子谷を詰めて登頂 全身ずぶ濡れ
20 峰床山 970.0 88.05.29 比良から連続登頂
21 愛宕山 924.0 88.07.19 自虐のボッカ訓練
09.05.14 表参道から地蔵山まで激走
22 鷲峰山 685.0 88.09.15 行場めぐりを楽しむ
23 剣尾山 784.0 88.12.27 ピークは展望良好 横尾山までぐるっと周遊
24 蛇谷ガ峰
901.7
89.06.25
武奈から北稜を縦走
94.09.15
朽木温泉からのんびり登山
16.06.04
本来は北ア薬師岳のはずが… 何故かこちらへ…
25 雨乞岳 1,238.0 89.09.24 鈴鹿の中央部に相応しく展望は山また山
26 御在所山 1,209.8 89.09.24 ヒルの恐怖に負けず、雨乞山から
27 龍門山 756.6 90.02.04 ミカン畑を登る 紀ノ川のゆるやかな流れを見下ろして
28 冷水山 1,261.9 90.04.09 憧れの果無山脈を縦走 歴史のロマン溢れる山旅
29 比叡山(大比叡) 848.3 90.10.28 大比叡の三角点を探して延暦寺を右往左往
30 大和竜門山 904.3 90.11.23 歴史の香り溢れる渋すぎる山旅 特に冬野の佇まいに涙
31 和泉葛城山 858.0 91.03.19 牛滝山から旧道のヤブを分けて登頂
94.01.02 寂峰成高山からの渋い縦走
99.01.02 三国山と繋いで歩く
32 山上ヶ岳 1,719.2 91.05.03 奥駆の序盤 ガス一色の山上でお寒いランチ
33 大普賢岳
1,780.1
91.05.04
急峻な山容と残雪に苦戦
16.06.11
和佐又から日帰りで25年振りに攻略
34 八経ヶ岳 1,914.9 91.05.05 山上ヶ岳〜釈迦ヶ岳まで充実の縦走
09.08.15 行者還から日帰り爆走もピークはガス
35 釈迦ヶ岳 1,799.6 91.05.05 姿は美しいが、あまりの急登に泣きながら登る 前鬼への下りもこたえました
36 日出ヶ岳 1,694.9 91.10.26 大杉谷はひたすら行列だった
12.09.29 台風上陸前の好天をギリギリゲット! 熊野灘が見えた
37 三岳 793.4 91.11.09 岩稜鋭い多紀アルプスを縦走 丹波篠山の観光もセット
38 白鬚岳 1,378.2 93.12.11 鋭い稜線、登り応えのある山
39 薊岳 1,406.0 94.01.08 ピーク周辺は霧氷が満開
40 生石ガ峰 870.0 94.03.27 もう廃線になった野上鉄道に乗って
16.06.18 車でお手軽登山。アフターはあらぎ島へ
41 護摩壇山 1,372.0 94.10.30 安直ドライブ登山
98.04.26 伯母子の後にまたもや駐車場からピストン
12.11.03 龍神岳登頂の途中に通過
42 局ガ岳 1,029.0 94.12.17 ピークからは三畝山脈が一望
43 稲村ヶ岳 1,725.9 95.05.13 洞川からガスの中往復
44 白髪岳 722.0 95.09.09 ピーク付近で野犬の襲撃を受ける
45 氷ノ山 1,510.0 97.10.10 秋晴れにブナの黄葉が映える
46 三十三間山 842.3 97.11.03 車で速攻 午前中には帰宅
47 百里ガ岳 931.3 97.11.08 最後の紅葉を味わいながら晩秋の渋い山行
48 伯母子岳 1,344.0 98.04.26 竜神温泉に泊まり、爽やかな初春の山を味わう
49 青葉山 693.0 98.06.20 雨に濡れたキレットに結構苦戦
50 諭鶴羽山 608.3 98.12.19 明石大橋を越えて 山麓は水仙が満開
51 藤原岳 1,140.0 99.09.26 台風の爪痕残る山道を一気に登って一気に下る
52 扇ノ山 1,309.9 00.06.08 おそろしくなだらかな山
53 野坂岳 913.5 01.05.01 山頂直下のブナの新緑に感動
54 生駒山 642.3 02.10.25 遊園地内の山頂に屈辱の登頂
55 大江山 832.5 02.11.24 雲海とカニを堪能
56 横山岳 1,131.7 04.10.16 スーパー秋晴れ 白山も視野に収める
57 堀坂山 757.4 04.11.06 伊勢志摩がメインのおちゃらけ登山@
58 白猪山 819.7 04.11.06 伊勢志摩がメインのおちゃらけ登山A
59 獅子ヶ岳 733.3 04.11.07 伊勢志摩がメインのおちゃらけ登山B
60 金糞岳 1,317.0 07.09.01 林道工事のため、灼熱の林道歩き20キロ…
61 法師山 1,102.2 13.04.27 快晴の下、法師山〜大塔山を日帰り充実縦走
62 大塔山 1,121.8 13.04.27 快晴の下、法師山〜大塔山を日帰り充実縦走
63 迷岳 1,309.1 13.05.26 岩稜の急登降の連続に息も絶え絶えで登る
64 雪彦山 915.2 13.11.09 錦秋の岩稜を満喫
65 西方ヶ岳 763.8 14.09.20 海に囲まれた半島の山並みを快適縦走
66 笠捨山 1,352.3 15.05.03 南奥駈の主峰格をニセピークに騙されながら何とか攻略
67 玉置山 1,076.4 15.05.04 信仰の山に相応しく、山頂は霧に包まれていた…

諸国名山探訪

Copyright(C) Hiroshi Fujita All right reserved

inserted by FC2 system