開聞岳(再登)

開聞岳(再登)


 市房山登山の後、前夜は鹿児島に宿泊。郷土料理を満喫する。おかげで少々寝不足気味。山川行の列車にギリギリ間に合う。

【日 程】平成4年3月22日(日)
【人 数】単独
【天 気】晴れ
【コースタイム】JR山川駅=BUS=開聞山麓自然公園=0:40=八合目=0:20=開聞岳=1:00=JR開聞駅【2:00】

【記録文】
 3年ぶりの雪辱戦である。前回は壊滅的雷雨に遭い、感電死の恐怖と戦いながらの英雄的な登頂ではあったが、景色はほとんど覚えていない。3年前の光景を取り戻すべく山川駅へ。前回この駅でステビーを断られたことを思い出す。
 駅から長崎鼻経由のバスに乗り込み、山麓自然公園へ。前回と同じコースでは余りにも芸が無いので、今回は登りに川尻歩道をとることにする。ところが、どこをどう通ったのか、何時の間にか私は単なる流水溝を歩いていたのであった。しかし、どうせ正規ルートは螺旋状に山腹をぐるっと一周しているのだし、戻るのもシャクなので、そのまま強引に突き進むことにする。どうも開聞ではついてないな〜と一瞬思うが、この流水溝は意外と歩きやすく、また、一直線に上方めがけて登っていくので、思ったより早く本ルートに合流した。地元小学生の遠足が行われているらしく、ここからは小学生を掻い潜りながらの登行となる。海が見下ろせる。凄まじかった雷鳴が脳裏をよぎる。前回の断片的な記憶が浮かんでは消える。そうこうするうちに、小さな鳥居が現れ、山頂に到着する。爽やかな展望に恵まれ、再登の感激に酔う。こんなにいい山の印象が雷鳴だけでは悲しすぎる。本当に来て良かった。
開聞駅付近から開聞岳を振り返る開聞駅付近から開聞岳を振り返る
 じっくりと景色を堪能してから、下山開始。自然とピッチが上がり、合目の表示が流れるように過ぎ去っていく。開聞駅周辺は菜の花が満開であった。前回行けなかった枚聞神社に参拝し、山行の無事に感謝する。もう前回の雷鳴とかリターンマッチとかどうでも良くなっていた。前回も前回なりに良かったし、今回もまた良かった。それだけのことだ。

 翌日は知覧を観光してから、鹿児島空港から帰阪した。


   

    inserted by FC2 system