霧ヶ峰

霧ヶ峰


【日 程】1988年5月2日(月)
【人 数】単独
【天 気】晴れ時々曇り
【コース】JR上諏訪駅=BUS=車山バス停=0:40=車山=0:20=車山乗越=0:20=車山スキー場=0:50=大門峠=0:20=東白樺湖バス停【2:30】

【記録文】
 昨日、金峰山に登ったばかりというのに性懲りもなく霧ヶ峰にやって来た。バスを降りると肌寒い。そう、ここはもう標高1,800 m もあるのだ。さっそく歩き始める。
 足が筋肉痛で痛い。それでも、もう僕の一人歩きのペースは完成してしまったようだ。ハイヒールの観光客たちをごぼう抜きして最高峰、車山の頂上へ。かすんで遠望はきかないが、至近距離の蓼科山は迫力がある。
 寒いので早々にピークを後にして、ボコンと盛り上がっている蝶々深山周辺をあてもなく散策してみる。それにしても霧ヶ峰というところはだだっ広い所だ。果てしなく草原が広がっている。ここまで来ると観光客は1人もおらず、自分がこの広大な景色を独り占めしているような気がしてきた。しばらくここに横たわって雲を眺めていたが、あまりに人が来ないものだから寂しくなってきて眼下に横たわる白樺湖へ向かうことにした。我ながらいいかげんだと思いつつ、リフトに沿って下る。人恋しくなって白樺湖に来たのはいいが、今度はあまりの喧噪ぶりにイヤ気がさして、さっさと小諸行きのバスに乗って白樺湖を後にした。最後までいいかげんな1日だった。


   

       inserted by FC2 system