甲斐駒ヶ岳(黒戸尾根日帰り)

−夏山本番前の体力トレーニング。しかし、黒戸尾根日帰りはドSそのものだった…−

   

山行概要

日 程
2013年7月6日(土)
山 域
南アルプス
天 気
曇り一時豪雨
メンバー
Wヒロシ(I.ヒロシ、F.ヒロシ)
コースタイム
竹宇駒ケ岳神社市営駐車場=0:10=竹宇駒ケ岳神社=1:20=笹ノ平分岐=1:25=刃渡り=0:25=刀利天狗=0:35=五合目=0:40=七丈小屋=0:45=八合目御来迎場=0:50=甲斐駒ケ岳=1:05=八合目御来迎場=0:35=七丈小屋=0:45=五合目=0:35=刀利天狗=1:15=笹ノ平分岐=1:10=竹宇駒ケ岳神社市営駐車場【11:35】

記録文(写真はクリックで拡大)

 今夏の大一番である十勝岳〜オプタテシケ〜トムラウシ縦走が直前に迫ってきた。ある程度トレーニングを順調に消化でき、調子もすこぶる良さげだったので、無謀にもドSコースで名高い黒戸尾根を、しかも日帰りで実行するという超無謀プランを立案。コースタイムは驚異の15時間10分である。一人では多分途中で心が折れると思われたので、旧知のI.ヒロシ氏を何とか捕獲する。
 出発が遅れ、京都を出たのは9時過ぎ。竹宇駒ケ岳神社の市営駐車場には2時過ぎだった。既に相当数の車が車中泊中であった。我々も少しでも寝ようと、すぐに横になった。
 4時に無理やり起きる。雨は降っていないものの、山々は厚いガスの中で、体にまとわりつく湿気が気持ち悪い。最悪のコンディションである。しかし、この状況下でも次々と軽装の登山者が山に向かって行く。こんなに黒戸尾根の日帰りをやる人が多いと思っていなかったので、この時は「結構楽なのではないか」という楽観論が芽生えていた。

竹宇駒ケ岳神社 4:45

 薄暗い中、我々も遅れてられないと、駐車場を出発。しばらく林道を進むと駒ヶ岳神社の境内へ。
 少々薄気味悪いが、安全登山の祈願を済ませ、いざ登山道へ。地図ではこの辺りで標高770mとなっており、甲斐駒ケ岳2967mの山頂まで、約2200mの標高差であり、正に地獄のコースである。

吊橋を渡る 4:47

 吊橋で尾白川を渡ると、いきなりの急登が幕を開ける。ミストサウナに入ったような高湿度であり、開始5分で私は頭からバケツで水をかぶったような状態になる。
 時折ゆるやかになる時もあるが、すぐに急登に戻るを繰り返し、序盤から消耗戦を余儀なくされる。

笹ノ平分岐 6:05

 下生えの笹が目立つようになると笹ノ平への分岐点に到達。無謀にも新調した登山靴でやって来たI.ヒロシ氏が靴擦れを発症した模様。大丈夫か?
 さらに笹と松の尾根が続く。傾斜はだいぶ緩やかになったが、それでも時折急登がミックスされるので、体は全く休まらないまま。
 ヒーヒー言いながら登り続けると、左手に樹々の間から、鳳凰三山が垣間見れるようになってきた。ガスが少し上がってきたようだ。

刃渡り 7:30

 徐々に梯子も現れたりと岩混じりの尾根となり、そして、岩むき出しのナイフリッジが現れる。これがガイドブックでも有名な刃渡りだが、目をつぶっても容易にたどれるような岩場で瞬殺した。
 しかし、靴擦れのせいか、I.ヒロシ氏が不調だ。ピッチは上がらない。痩せ尾根が続き、連続する梯子を突破すると、祠と石碑が林立する刀利天狗に到着。
 ここで靴擦れが限界に達したI.ヒロシ氏は、ついに新調のテクニカルブーツ、ガルモントエルモを譲り渡し、私のトレランシューズに無念の換装。私たち、足のサイズがぴったり同じで、だいぶ前にも東北の焼石岳遠征の時に、靴を交換した前歴がある(その時は私が新調の靴で靴擦れを起こした)。
 これで幾分復活したので、ピッチは上がるが、ルートはこの先、黒戸山を巻いてから、非情にも下り始める。

五合目 8:30

 五合目に降り立つ。鞍部のような地形であり、昔は山小屋が建っていたようだ。
 ここで大休止をとるが、完全にひと山終わったくらいの疲労度である。コースタイムのまだ4割も消化していないのだが、心が折れそうになってきた。

長い梯子 8:41

 五合目からは、いきなり長大な梯子でリスタート。結構高度感があり、怖い。ここから黒戸尾根は一気にその凶悪さを披露し、梯子や鎖場が頻出する。
 ポールをいったん格納し、四肢をフル活用しての登りになるが、これまでと違う筋肉を使うので、あまり疲労度は感じない。

木橋で谷を渡る 9:03

 しかし、激しい尾根だ。この箇所は、キレット状のギャップに橋をかけて通るようにしている。急傾斜の昇り降りをショートカットできるので、非常に助かる。
 地図で言う屏風岩をいつ越えたのか、巻いたのかも判然としないまま、さらに、鎖と梯子との格闘を続ける。

七丈小屋 9:23

 久しぶりの平地が現れたと思ったら、七丈小屋の前に飛び出した。ここでようやく2400m。コースタイムの消化率約46%でげんなりするが、ここまで来て引き返す訳にもいかぬ。
 第二小屋の前の梯子を登り、テント場の横を通過し、再び登りだす。岩稜はマシになった。普通に二足歩行で登れる。森林限界の高い南アルプスだが、ようやくここまで来て木々の背が低くなり、高山帯っぽくなってきた。風も通り、涼しくなってきたので、ピッチが上がる。

八合目御来迎場 10:15

 小高いピークに登り着く。周囲には倒壊した鳥居跡や祠等、宗教的モニュメントが多数。ここが八合目御来迎場である。
 晴れていれば、甲斐駒の勇姿がすぐ間近に見えるらしいが、今日はガスに包まれている。

ピークは遠い 10:20

 いよいよ甲斐駒へのラストピッチ。再び急な岩稜の登りとなる。いつもなら、最後の力を振り絞って爆走するところだが、今回は帰りも果てしない下りが待ち受けているので、無理せずペースを落とし気味に進む。これが結果的に良かったようだ。息が上がることなく、駒ケ岳神社本社へ到着。
 ここは東峰に当たり、本峰へはもう一息。

ついに甲斐駒を攻略! 11:06

 コースタイム9時間半の長い道のりをようやく攻略した。周囲はガス一色で展望は望むべくもないが、我々は大きすぎる満足感に浸っていた。この天候でも北沢峠から次々と押し寄せる登山者が、けっこう疲れていることに優越感を感じまくる器の小さい我々であった。
 帰路があるので、あまり休むつもりもなかったが、それよりも風が強く、体感温度が急激に下がって来たので、早々に下山を開始する。

下りも骨が折れる@ 12:12

 登ったばかりなので、分かってはいるものの、細かな岩場が連続し、スピードが上がらない。

下りも骨が折れるA 12:24

 岩尾根が果てしなく続く…

下りも骨が折れるB 12:36

 足だけでなく、腕も疲れてきた。それでも何とか七丈小屋まで下り、一息つくが、ここから五合目までの屏風岩の通過は、果てしなく梯子が続くように思えた。
 五合目手前の垂直長梯子を泣きながら下り、やっとのこと五合目に降り立つと、さすがにドッと疲れてきた。何とタイムは登りよりかかってるし。
 おまけに雨が降り出し、一応、レインスーツを羽織るが、どうせさっきから汗でグチャグチャなので、大して変わらない。

もうボロボロ(笹ノ平分岐) 16:25

 刀利天狗、刃渡りを過ぎると、梯子の類は姿を消すので、高速下山が可能だが、雨で路面が超スリッピィーなのと、相当疲れてきて足の踏ん張りが利かない。
 ここで、今まで大して使いこなしてこなかった、トレッキングポールが絶大な力を発揮する。多少バランスを崩しても、こけることはないし、何より太もも、膝の負担が著しく軽減される(その分、腕の疲れも半端ないが…)。
 笹ノ平分岐からの最後の激下りは、ほとんどポールに頼り切りの下山となってしまった(ポールが折れるかと何度も思った)。

駐車場へ帰還 17:35

 出発から13時間が経過。終始ペースが上がらなかったこともあるが、ちょっとかかりすぎ。次回はもう少し短縮したい!(多分、次はないと思うが…)
 激闘のダメージは激しく、I.ヒロシ氏は靴擦れのうえ、右膝が動かなくなっており、車の運転が不可能な状態となっていた…
 とにかくも体は汗と雨とでグチャグチャだったので、すぐ近くの「尾白の湯 べるが」に飛び込む。こちらの温泉は、ナトリウム塩化物超強塩温泉で日本最高級・超高濃度温泉と宣伝している。真偽はともかく、赤茶けたお湯は、ダメージ深刻な我々への癒し効果十分であった。
 帰りの長距離ドライブも相当疲れたが、とにもかくにも、達成感は相当なものだった。しかし、翌週のトムラウシ縦走に深刻なダメージを負ってしまった…

参考タイム

7/6竹宇駒ケ岳神社市営駐車場 4:354:45 竹宇駒ケ岳神社 4:456:05 笹ノ平分岐 6:057:30 刃渡り 7:307:55 刀利天狗 7:558:30 五合目 8:409:20 七丈小屋 9:3010:15 八合目御来迎場 10:1511:05 甲斐駒ケ岳 11:4512:50 八合目御来迎場 13:0013:35 七丈小屋 13:3514:20 五合目 14:3515:10 刀利天狗 15:1016:25 笹ノ平分岐 16:2517:35 竹宇駒ケ岳神社市営駐車場

山行データへ

諸国名山探訪

Copyright(C) Hiroshi Fujita All right reserved

inserted by FC2 system