久重山群2

久重山群2

日 程1989年3月18日(土)〜21日(火)
山 域久重山群
メンバー男17人、女6人
コースタイム18日 別府港=TAXI=長者原=1:10=雨ヶ池越=0:40=坊ガツルB.C.【1:50】
19日 B.C.=1:10=大船山避難小屋=0:20=大船山=0:55=風穴=0:45=黒岳高塚=0:30=黒岳天狗塚=0:45=風穴=1:10=大戸越=0:30=B.C.【6:05】
20日 B.C.=1:00=稲星山=0:30=中岳=0:40=久住山=0:20=久住別れ(西千里浜経由)=0:45=星生山=0:30=久住別れ=0:35=すがもり越=0:30=B.C.【4:50】
21日 B.C.=1:00=すがもり越(三俣山往復75分)=0:40=長者原【2:55】

 3/18 晴れ後曇り
 恒例の九重での春合宿。私は2度目なので、山の様子はだいたい頭には入っている。


長者原にて 長者原にて


 4パーティ編成で、長者原で記念撮影をして出発。今回もベースキャンプに乗じた無駄な遊びグッズが多く、荷は重い。坊ガツルでは去年の経験を踏まえ、入念に場所を検討してテントを設営した。


雨ヶ池越 雨ヶ池越


 豪華な食材を使っての晩メシの後は、持参したカラオケテープ全集でフィーバー!!!

 3/19 曇り後晴れ
 さあ、真面目に歩きましょう。今日明日は2パーティごとに分かれて行動。まずは大船山へ。まだ薄暗い中から歩き出す。今年は雪が全然ないので、行程ははかどるはかどる。ちょうど1年ぶりの大船山頂からは、前回と同様、九重の山並みが勢ぞろい。


大船山からの由布岳 大船山からの由布岳


 風穴方面へ下る。いつもなら雪解けでグチャグチャの泥濘となるコースも、今年は比較的乾いており、スムーズに下降。ここでは例年、風穴の探勝を行なっていたが、今年は大船山と対峙する黒岳に登ることにした。超急登の末、何とか登りついたが、黒岳の本峰(高塚)はあまり展望が良くない。少し進んだ峰続きの天狗塚はピークに巨石が鎮座し、そこからの展望は秀逸である。


黒岳天狗塚 黒岳天狗塚


 さっきの超急峻な道を周りの木々を掴みながら、何とか下り、今度は大戸越への登り返しである。さっきの黒岳周辺の原生林も良かったが、この辺りの植生も素晴らしい。一度は葉っぱのある季節に訪れてみたいものだ。
 大戸越の草原でしばし寝っころがる。ここからの三俣山は素晴らしい。


大戸越からの三俣山 大戸越からの三俣山


 大戸越から林の中を下る。傾斜がだいぶ緩くなってきた頃、最後にパッと前方が開ける。坊ガツルへ無事帰還。
 この日の晩も近所に他パーティがいないのを良いことに、大騒ぎ。おかげで毎晩良く眠れる。

 3/20 晴れ後曇り
 今日は、主峰を目指す。最初中岳への登り口を見つけるのに苦労する。剥き出しの斜面をズンズン登り、稲星山と中岳の鞍部へ。本来、稲星山は予定のコースに入ってなかったが、すぐ目の前に見える貴重な1700m超峰を諦めきれず、有志で暴走。稲星山頂からの阿蘇はまさに寝観音。登ってよかったが、後でお灸を据えられた。


稲星山からの阿蘇 稲星山からの阿蘇


中岳頂上 中岳頂上


凍結した御池 凍結した御池


 本来の予定通り中岳へ。去年も思ったが、余りに不遇な最高峰。姿が良くないのが原因かな… 我々も素通りに近い扱いでさっさと主峰の久住山へ。途中の御池は完全に凍結していた。さすがに久住山は大勢の人で賑わっている。余りに中岳とは対照的。


久住山からの三俣山 久住山からの三俣山


西千里浜からの久住山 西千里浜からの久住山


 北千里へ下る前に、星生山も攻略する。西千里浜からぐるっと回って、去年コース外だった1700m超峰をここでもゲット。空は曇ってきたが、崩れることはなさそう。広大な平坦地が広がる北千里浜を縦断し、坊ガツルへ戻った。


北千里浜 北千里浜


 この夜は最後の晩なので、みんなで法華院温泉に入湯。しかし、無茶苦茶ぬるくて、出るに出られない。テントに戻ってきた時には入浴前より逆に冷えた気が… この夜、我々のテントは最後の大盛り上がりを見せた。私の喉は完全に破壊された…

 3/21 晴れ
 あっという間に最終日。今日も晴れている。ベースキャンプを撤収し、まずはすがもり越まで昨日下った道を登る。この日は全パーティが同一行動をとる。身軽になって三俣山を往復。我々のパーティだけ、ご丁寧にも三俣山の支峰をいちいち登って進む。おかげで本峰にはどん尻で到着。


三俣山から望む星生山 三俣山から望む星生山


 ピークで全体写真を撮って下山。すがもり越から長者原へ直接下る。今日は汗ばむ位の陽気。何度も九重の峰々を振り返りながら、長者原へ下った。

 さあ、心はアフターに飛んでいる。この後薩摩硫黄島への島流しが決定している私と他3人は、屋久島に向かう連中と熊本までタクシーで出て、この日は市内で休養した。
 翌日、鈍行でのんびりと鹿児島まで南下、我々硫黄島組は西鹿児島駅でステビーし、翌日の便で硫黄島に渡った。


         

       inserted by FC2 system