大麻山

−観光客を掻き分け、石段を高速巡航−

   
  

山行概要

日 程
2012年5月5日(祝)
山 域
こんぴらさん
天 気
快晴
メンバー
単独
コースタイム
JR琴平駅=0:20=金刀比羅本宮=0:15=奥宮=0:05=葵ノ滝=0:20=龍王社=0:10=大麻山=0:05=龍王社=0:10=奥宮=0:40=JR琴平駅【2:05】

記録文

 今年のGWは嫁の実家である丸亀に家族で帰省。半日だけ予定が空いたので、これまでいつでも登れると思ってとっておいた、こんぴらさんを懐に抱える大麻山に向かう。
 JRで丸亀駅から琴平駅に向かう。駅から参道へ。高さ28mの日本一高い灯籠を右に見て、真っ直ぐこんぴらさんに行くと思いきや、右手へ細道を入る。「こんぴらうどん本社工場併設店」に向かうためである。

かけ小(右)としょうゆ小 8:03

 これで計280円!! 5分もかからず腹に掻き込み、参道に戻り、まだ早朝なのに観光客で溢れる石段を駆け上がる。

本宮からの讃岐平野 8:34

 何とか本宮までの785段をノンストップで駆け上がる。
 本宮横は展望台となっており、讃岐平野が一望。今日はさわやかな青空が広がる。飯野山(左)もくっきり。
 奥宮へ石段を登り続ける。

奥宮(厳魂神社(いづたまじんじゃ)) 8:50

 さらに石段が583段。さすがに小走りでのノンストップ歩行は断念。マイペースで登る。  奥宮の標高は421m。大麻山へはあと200mほどだ。奥宮前に大麻山への登山口があり、いったん右手に下り、林の中をトラヴァース気味に進む。
 快晴続きで水量のほとんどない葵ノ滝を素通りし、稜線への登りを一気にこなすと龍王社。

龍王社前の池 9:20

 小さな社と池が新緑の中に埋もれていた。
 幅広い稜線に沿って進む。すぐに公園風に開けた感じとなり、桜並木の間を進むと、テレビアンテナの立つ大麻山頂上である。

大麻山頂上 9:30

 アンテナの立つ辺りは展望良好だが、二等三角点は林の中…
 そそくさと来た道を戻る。龍王社からは往路を取らず、奥宮へ直接下るルートをとる。

展望の路 9:48

 復路は展望良好。讃岐平野の展望を味わいながら、のんびり下山。
 奥宮、さらに本宮からの参道は観光客で登り以上にごった返しており、人を掻き分けながら琴平駅まで何とかたどり着いた。

参考タイム

5/5JR琴平駅 8:108:30 金刀比羅本宮 8:358:50奥宮 8:559:20 龍王社 9:209:30 大麻山 9:359:40 龍王社 9:409:50奥宮 9:5010:30 JR琴平駅

山行データへ

諸国名山探訪

Copyright(C) Hiroshi Fujita All right reserved

inserted by FC2 system