尾鈴山

尾鈴山


【日 程】平成7年3月20日(月)
【天 気】快晴
【メンバー】男2人、女1人
【コースタイム】登山口=1:20=尾鈴山=0:50=長崎尾=1:25=白滝=0:55=尾鈴駐車場=0:50=尾鈴 【5:20】

【記録文】
 宮崎から高鍋へいったん戻り、タクシーで一気に登山口へ。
 8時15分発。のっけから急登が続く。これだけのド快晴なのに全く展望が効かないのが少々残念。背後に見えかくれする海岸線に慰められながら、黙々と登る。車でかなり奥まで入ってもらったためか、割とあっけなく尾鈴山のピークに到着する。
 ここも木々に囲まれ展望は無い。昔は鉄製の櫓があり、そこからの展望は良かったらしいが、今はとっぱられており、空しく青空を仰ぐのみ。
展望はない尾鈴山頂展望はない尾鈴山頂
 スズタケに青々と覆われた尾根道を辿り長崎尾へ。ここも展望はない。矢筈岳も潅木の中。終始展望の無いまま、尾根を離れ、白滝への急降下となる。白滝へは尾根を2本ほど乗り換えたり、所々大規模な伐採が入ってたりして、非常にわかりにくい。実際僕らも2回ほど引き返しました。
 降りるにつれ道は明瞭になり、やがて左手には白滝が見下ろせるようになる。最後のほとんど崖のような下りをこなし、やっとケヤキ谷に降り立つ。白滝へは、ここから5分ほど渓流を遡ったところ。すぐ真下まで近づける。さすがに落差75mはすごい。ここでランチにする。
 白滝を後にし、ケヤキ谷に沿って下る。ここからがこのコースのクライマックス。いわゆる尾鈴山瀑布群の名瀑たちが次々と現れる。九州自然歩道に指定されているのも当然か。これでもかと言わんばかりの滝の饗宴を受けながら、のんびり、のんびりと下る。大満足で駐車場(クエントウキャンプ場)に降り立つ。後は昨日と同じように車道を尾鈴バス停まで下るのみ。私の顔面は日焼けで真っ赤っかになってしまった。


      

       inserted by FC2 system