志賀山・横手山

−コロナ禍の中,本当に久しぶりの高原探訪で,四十八池他を満喫!−

 

山行概要

日 程
2020年8月10日(祝)
山 域
志賀高原
天 気
晴れ
メンバー
単独
コースタイム
硯川=0:15=前山湿原=0:10=渋池=0:15=志賀山登山道入口=0:25=志賀山=0:20=裏志賀山=0:15=四十八池北側入口(鳥居)=0:05=四十八池南側入口=0:15=志賀山登山道入口=0:30=硯川【2:30】
渋峠=0:15=横手山【0:15】

記録文(写真はクリックで拡大)

 昨日の小菅の里散策に続く、北・東信の山旅3日目。昨日も酔いつぶれて撃沈したが、何とか4時に起床する。ようやく3日目にして晴れたようで、空が白んでいる。
 喜び勇んで車で発進! 一気に志賀高原に上がり、本日のターゲットである、志賀山や四十八池の登山口の硯川に到着。駐車スペース多数あり。
 5時過ぎに歩き出す。すぐ頭上の前山湿原までは夏期もリフトが運行しているが、当然ながら営業時間外で歩くほかない。車も通行できそうな幅広ダート道で大きく折り返しながらゆるやかに登っていく。

前山湿原越しの笠ヶ岳 5:23

 リフト頂上駅に到達し、前山湿原を右手に見ながら、遊歩道を進んで行く。
 振り返ると、湿原越しに、笠ヶ岳の勇姿が望めた。

前山湿原越しの横手山 5:25

 視線を左に向けると、同じく湿原越しに横手山も見える。

渋池 5:30

 平坦な遊歩道を10分弱で、本日最初の池である、渋池に到着。既に標高1800m。
 渋池には浮島があり、浮島や周辺には 食虫植物のモウセンゴケがたくさん生えている。また、池周辺には、この標高では珍しいハイマツが見られ、氷河期の名残と言われている。

志賀山登山道入口 5:45

 渋池から、針葉樹の森の中、ひたすら平坦な遊歩道を15分も歩けば、志賀山登山道入口の分岐に到着。右手は、四十八池に直接向かうルートだが、私は左へ、志賀山、裏志賀山経由のルートに入る。

志賀山山頂からの裏志賀山 6:15

 分岐から普通の登山道となり、志賀山の懐に入るに連れて、徐々に傾斜も増してくる。
 とは言っても、標高差200m程であり、余裕で志賀山の山頂へ。
 山頂からは、裏志賀山が目の前に見える。裏志賀山の右下は黒姫池。

志賀山と裏志賀山の鞍部 6:24

 志賀山から、いったん下り、黒姫池を横目に見る鞍部へ。ここから、裏志賀山へ登り返すが、大した登りのないまま、 行き止まりの裏志賀山のピークに向かう分岐に到着。

裏志賀山からの大沼 6:35

 裏志賀山のピークから少し下がった辺りからは、エメラルドグリーンに輝く大沼が一望だ。周囲5.5km、志賀高原で最も大きな湖らしい。
 火山で良く見られる湖面の色だが、やはり強酸性湖で、魚類は生息していないようだ。

裏志賀山からの横手山 6:38

 横手山は、渋池から眺めた時よりだいぶ近くなった。手前には、これから向かう四十八池が見下ろせる。
 裏志賀山から一気に下っていくと、鳥居が現れ、四十八池の一角に降り立った。

四十八池の一角@ 7:00

 木道が敷設された、広々とした高層湿原をのんびりと縦断していく。早朝の爽やかな空気感も相まって、最高に気持ち良い。

四十八池の一角A 7:02

 四十八池の南端辺りから振り返ったもの。バックは志賀山(左)と裏志賀山で、良くガイドブックで見かける構図ですね。
 四十八池の南側の入口には、立派なトイレが建っているが、何故か非常時しか使えないらしい。何でやろ…
 ここから幅広の遊歩道が、先ほどの志賀山登山道入口を経由し、前山湿原まで続いている。ずっと森の中の平坦なルートであっと言う間に前山湿原に出た。
 後は、日差しを前面に受けるダート道を暑さに耐えながら硯川まで下るだけだ。

渋峠のリフト乗り場 8:10

 車に戻ったが、まだ8時前(笑)… そうなれば22年前に登った際に、土砂降りでえらい目に遭った、横手山、笠ヶ岳のリベンジに向かうか。という訳で、渋峠へ車を走らせる。
 22年前は、悪天候だったせいもあり、あろうことか、カーレーターとリフトを駆使して、僅か5分の歩行で横手山に登っているので、せめて渋峠から歩こうと思ったのだ。
 渋峠から登り出す。ほぼリフトに沿って登っていく自虐コースだが、まだ運行してないので、リフトの乗客から辱めを受けるのは回避できた。

横手山からの眺望 8:34

 リフト山頂駅まで一気に到達。山頂は、ここから5分もかからない。横手山神社の立つ山頂からは、草津白根山と遠くに四阿山が確認できた。
 山頂ヒュッテを往復し、展望台に寄ってみたが、西方はガスでアルプスは確認できなかった。残念…
 帰路は、リフトが営業していたが、下りだったので、キレることなく渋峠に帰還した。

 さぁ、次は笠ヶ岳だ! と、笠岳峠に向かう林道の分岐まで下ったが、何と災害による通行止めだった… これでキレて、本日も早々に営業終了(笑)…
 湯田中温泉に戻り、昼前から、温泉&酒まみれで、この日も堕ちていく…
 いつしか昼寝しており、起きたら夕方(笑)… 再びコンビニに向かい、酒とつまみを調達するクズっぷりに我ながら感心感動してしまう。
 ついに明日は最終日だが、この日も酔いつぶれて寝た…

参考タイム

8/10硯川 5:055:20 前山湿原 5:205:30 渋池 5:305:45 志賀山登山道入口 5:456:10 志賀山 6:156:35 裏志賀山 6:457:00 四十八池北側入口(鳥居) 7:007:05 四十八池南側入口 7:057:20 志賀山登山道入口 7:207:50 硯川
渋峠 8:108:25 横手山 8:509:00 渋峠

山行データへ

諸国名山探訪

Copyright(C) Hiroshi Fujita All right reserved

inserted by FC2 system