筑波山

筑波山


【日 程】1991年3月26日(火)
【人 数】単独
【天 気】晴れ
【コース】JR土浦駅=bus=筑波駅=taxi=筑波神社=1:15=男体山=0:20=女体山=0:10=ケーブル山頂駅【1:45】

【記録文】
 大宮のビジネスホテルを早朝に抜け出し、上野経由で土浦に向かう。武甲両神と連戦が祟ったのか、何だかエラクしんどい。土浦に着いても、すぐに接続していたバスにダッシュしてまで乗る気がせず、駅前のマクドナルドでゆっくり朝食をとることにする。今日はいつもと違い、コースも短いのでこんな余裕を見せれるのである。
 バスを1本遅らしたため、筑波駅から神社への接続がうまくゆかず、仕方なくタクシーで神社へ。ゆっくり参拝してから、前夜の雨でぬかるみのひどい道を登り始める。ジョグシュで来たので、よく滑る。道それ自体も急登で、完全にナメていた私はひどいめにあった。また、序盤しばらくはケーブルカーと平行して登ってゆくので、ようやく男体山と女体山の鞍部まで登りきった時にはもうバテバテ。
 ここからは両山ともすぐそこだ。まずは左手の男体山に向かう。頂上一帯は巨大な電波塔が林立しており少々目障りだが、展望は抜群で広大な筑波の大平原が一望の下である。反対側の女体山も展望にそう違いはないが、岩ゴロゴロのピークは高山の趣を漂わせている。ここでランチにする。ポカポカした陽気のもと、とても気分の良い昼食であった。
 帰路はぬかるみを敬遠し、ケーブルで一気に下る。神社前で『ガマの油』を買ってから、帰りのバスに乗り込んだ。

 今日で一応連続山行は終了したが、急に長年恋い焦がれた町、郡上八幡に行きたくなったので、再び『大垣』で名古屋に向かった。何ともチープな『卒業旅行』だった。


   

       inserted by FC2 system