武甲山

武甲山


【日 程】1991年3月24日(日)
【人 数】単独
【天 気】晴れ後曇り
【コース】秩父鉄道浦山口駅=0:50=登山口=1:10=武甲山=0:30=林道出合=1:25=西武横瀬駅【3:55】

【記録文】
 学生最後の山旅。これからは今までのように山に行けないと思うと、少し悲しい。山に深く浸るため、あえて一人で歩むことにする。
 いきなり学生らしく、『大垣』(現在はムーンライトながら)で東京に到着。ゆえに深刻な睡眠不足である。西武の秩父駅前からは武甲山の無骨な雄姿がくっきりと望まれていて、いつもならモリモリと登行意欲が湧いてくるのだが、今回は駅のベンチでいつまでもグズグズとしてしまう。
 ようやく重い腰を上げ、秩父鉄道に乗換え、浦山口に着いたのが8時半。この辺で朝食を食べようと思っていたが、売店は見当たらず、諦めて歩き出す。すきっ腹を押さえながら、橋立川沿いの林道をさかのぼる。ザックの中には小さなパイが2つだけ。どうにでもなれという気持ちで歩を進める。天候はこの悲惨な状況を慰めてくれるかのような素晴らしさで、谷の中を爽やかな風が吹き抜けてゆく。半時間ほど歩き続けた頃には空腹のことなどすっかり忘れ、気持ちの良いハイクを満喫する。
 右に伊勢岩ノ谷を分けると登山口はすぐそこ。ここからはジグザグの本格的な登りとなり、じっとりと汗ばむ。長者屋敷ノ頭付近まで上がれば、展望は思いのまま。上越の山々や、八ヶ岳、そして明日登る両神山が望めるようになる。ここまでは快調に登ってきたが、ジラシクボの分岐を過ぎてからは、やはり空腹には勝てず、バテバテとなった。延々と山腹のトラヴァースを続けた後、唐突に表参道との合流点に飛び出す。ヤレヤレだ。ここからすぐ御岳神社の境内となり、現在の武甲山の事実上のピークである展望台はこのすぐ裏手。裏に回り込むと、思わず息を飲む景観がそこにはあった。展望台は崖の上に建っており、その直下から山肌はえぐり取られ、下を覗くと約300m下の石灰岩の採取現場まで吸い込まれそうだ。遠望はきかなくなっていたが、しばらくここでほっこりする。
 肌寒くなってきたので表参道にルートをとり、下山を開始する。傾斜はかなり急だがよく整備され危険はない。半時間で林道に出合う。そこからは石灰岩を運ぶトラックに怯えながらの林道歩きとなる。横瀬駅近くまで来ると辺りはのどかな秩父の田園風景が広がり、まことに穏やかな気分で今山行を終えることができた。

 再び秩父に戻り、バスで明日登る両神山の登山口、日向大谷に向かった。


   

       inserted by FC2 system