英彦山

英彦山


【日 程】平成3年3月5日(火)
【天 気】曇り時々晴れ
【メンバー】男1人、女1人
【コースタイム】JR彦山駅=bus=銅鳥居=0:20=奉幣殿=1:10=中岳=0:10=南岳=0:35=大南神社=0:05=鬼杉=0:35=玉屋神社=0:50=奉幣殿=0:15=銅鳥居【4:00】

【記録文】
 日田を始発で出発。鹿児島に向かうI氏とは夜明駅で別れ、我々は日田彦山線で北上、彦山駅に降り立つ。天候は昨日の雨からまだすっきりと回復していないようで、周囲はガスで白一色である。
 銅鳥居行のバスは天候のせいか我々の貸し切り状態。バスを降りると、鳥居もぼんやりするほどガスはますます濃い。がっくりしながらも参道の石段を奉幣殿に向かう。山上の建築物とは思えない立派な奉幣殿に参拝した後、奧にのびる登山道をゆく。濃密なガスに抱かれながら、周囲の林相だけを楽しみに登り続けること約1時間、不意に頭上が明るくなり、ガスを突き破る。すぐに中岳のピークに到着。英彦山神社上宮がある。展望は南岳の方が良さそうなので、すぐに南岳に向かう。南岳には展望台もあり、見事な雲海の上に浮かぶ由布、九重等の山々が望め、今山行で初めてゆっくりと展望を楽しむ。
南岳にて南岳にて  大南神社にて大南神社にて
 鬼杉方向へ下山する。鎖場もある急な下りだ。雲海の中へ飛び込んだ格好になり、すぐガスに包まれる。岩窟の中に半分埋まったような大南神社が現れると鬼杉はすぐそこだ。なおも下り続けると、またも岩窟の下にある玉屋神社が姿を現す。さすがに英彦山は全山霊山の雰囲気に満ちあふれている。後は奉幣殿まで坦々とトラヴァースするだけ。振り出しの奉幣殿に戻ったのは正午ジャスト。天候にはあまり恵まれなかったものの、なかなか実りある山行でした。
銅鳥居にて銅鳥居にて

 この後、小倉に出て、下関、長府、広島、吉備と山陽道を3日かけて観光しながら、帰阪しました。


      

       inserted by FC2 system